Megenedo kids


未来を担う子供たちの見るを応援します。

見える喜びと笑顔

元気いっぱい遊び 学び 成長してほしい。

眼科医と認定眼鏡士が協力して成長を応援します。


メディカルユース  

治療用メガネは屈折異常(近視 遠視 乱視など)を矯正するメガネで子供の発達を促すために重要なツールです。しっかりと矯正効果を得るためにはフレームのサイズ、レンズの種類、フィッティングなどしっかりと選択し行わなければなりません。また定期的にフィッティングの調整も必要になります。

また、破損などの場合のアフターフォローも万全に整えています。             

その他 関連商品などもご提案いたします。

スポーツユース

様々なスポーツで上達するには視力も重要な要素になります。しかし普通のメガネ、コンタクトレンズなどで激しい衝突などで眼を怪我したりすることもございます。見えない状態ではさらにそういった事故が起こる可能性が高くなります。

お子様のスポーツ用メガネも取り揃え、パーツ交換など柔軟に対応いたします。試合では使用できるか確認は必要ですが近年、眼を保護するといった観点からもメガネの着用が容認されてきています。そういった情報も交換できるようにコミュニティを築いていきたいと考えています。


治療用メガネ購入費用の助成について

下記の条件が満たされれば治療メガネに対し助成金を受けることができます。

●健康保険に加入されていること

●9歳未満で【斜視・弱視等】の治療に必要と医師が判断し、処方した眼鏡であること

(単純な近視や乱視などの視力補正用は対象外になります。)

●5歳未満 前回の適応から1年以上経過していること

●5歳以上 前回の適応から2年以上経過していること

申請方法と助成金額

最大38,902円(障害者総合支援法の規定に基づく補装具の種目 弱視用眼鏡36,700円×1.06に相当する額を上限とすると定められています。


健康保険(社会保険・国民健康保険など)

必要書類

■弱視等治療用眼鏡等作成指示書(医師が治療用と判断した際に眼科でもらうことができます。)

■眼鏡の領収書(弱視等治療用眼鏡と記載されている本人名の領収書)

■医療費支給申請書(ご加入の健康保険組合などにお尋ねください。各HPにも様式が出ている場合もございます。)

■健康保険証

■銀行通帳(助成金受取用の口座番号)

■印鑑


公費(各自治体により異なります。)

■支払決定通知書(健康保険分支給後、自宅に送付されます)

■弱視等治療用眼鏡等指示書コピー

■眼鏡の領収書コピー

■乳幼児等医療費助成申請書

■健康保険証

■福祉医療費受給者証(乳児医療など)

■銀行通帳(助成金受取用の口座番号)

■印鑑

リンク 岸和田市の場合

当店の取組みについて

●アフターフォロー

 フレームについて

 6ヶ月以内での破損につきましては無償で交換または修理対応いたします。

 7ヶ月以降1年未満については修理代金の半額にて対応いたします。

 調整については無償にて対応いたしますので曲げてしまった時以外にも定期的に点検にお持ちください。

 レンズについて

 初回処方箋発行にて作成より6ヶ月以内の度数変更は何度でも無償にて交換いたします。

 傷、破損につきましては6ヶ月以内でしたら半額にて交換いたします。

 

●作成お度数について

小学生以下のお子様につきましては必ず眼科にて処方箋の発行をしてもらってください。

ただし、視力の測定はいつでもお申し付けください(無償)

中学生以上の学生様につきましては初回は必ず眼科にて処方箋を発行してもらってください。

2回目以降は眼科より特別な指示がない限り当店でも測定いたします。