高いメガネと安いメガネ

この前の休みを利用して懲りずにアジングに行きました。

今回はサビキジグ  サビキ(いっぱい針のついた仕掛け)にルアーをつけてやりましたが反応はワームよりも良かったですが、すぐに根がかりして仕掛けをなくしてしまうというハプニング。

小アジ1匹と小鯖2匹の釣果です。

日焼けも兼ねてまた来週も行こうかと思っています。


さて今日のインスタグラムであげたのが

ブランド PRONT CLASSIC

Mod PTC112

Size 48■19

Price ¥8,800 Tax in

当店でもリーズナブルな方になるメガネ

デザインは結構凝っていてフロントのブロウはカシメで止めていたりテンプルやブリッジにも柄が入っています。

しかし柄はプレス整形になります。

見た目はなんとなくそこそこのフレームにも見えます。

こちらはSeacret Remdy

彫金 プレスではなく彫っています。その為柄がしっかりと浮き上がっています。

価格は30,800円税込

価格は倍以上変わります。

彫金かプレスだけではないのですが

素材が合金とチタン  素材の使用量からすると大きな材料代の違いにはならないと思いますがそれを加工する機械が違ったり工程が異なったりします。また合金でもチタンでも素材自体ピンからキリまであります。安いチタン材は不純物が多い為 折れやすかったりすることもあります。

そしてメッキを行うまでの下地処理にも差があり下地処理がきちんとできていない場合よく見ないとわかりませんがメッキにムラや凹凸が出てきます。その為、メッキが剥がれやすくなります。

チタンなんかは元々素材が荒い為、何度もプレスと熱いれを繰り返して密度を高めて柔軟性や強度を出しているんじゃないかと思います。(知らんけど)


またメガネは接続箇所をロー付け等いう方法で溶接みたいに接合します。

そこにも工場の技術差が生まれ綺麗に仕上げているフレームと雑な仕上がりのフレームに分かれます。表面だけではなく面と面が隙間なく固定されているのか空洞があるのかで耐久性が変わってきます。

10年ぐらい前は強度的に問題のあるフレームが多かったのですが最近はかなりマシになってきています。あまりデザインが凝っていて安いフレームは注意した方がいいと思いますが。

逆にデザインが凝っていないタイプの安価なフレームは意外としっかりしています。メッキ以外ですが。


めがね堂で置いているライトな価格帯は品質チェックを厳しく行っていますので不良や故障はかなり少なくなっています。どうしても製造しているものなので目視で確認できない部分については販売実績に応じて商品を選択する様にしています。


安くてもしっかりとかけられてよく見えるメガネはお作りすることはできます。

高いものは艶やメッキが綺麗に仕上がっており素材も吟味されたものを使用されているのでより長くさらに快適にお使いいただけます。中にはデザイン性が高いために掛け心地を若干損なわれているものもないことは無いです。


高いメガネと安いメガネ 例えるなら部屋着と正装と行った感じです。

安いのはあれもこれもダメですよと言われる方もおられますが安い中でも吟味して仕入れていますのでアフター含めて対応できるものを中心に揃えています。

部屋着用なら十分お勧めできますのでご安心ください。


自粛中でもお洒落してもいいんです!

こんな時だからこそお洒落をして気分を上げていきましょう!

Stay Safe!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店ではコロナ感染症対策として下記の通り行っております。

▲スタッフのマスク着用

▲消毒用アルコールによる手指の消毒

▲検査機器の使用前・使用後のアルコールでの清掃および消毒

▲店内換気扇常時稼働による空気の入れ替え

▲定期的に窓の開放による空気の入れ替え

▲出来上がりのメガネの配達または郵送(ご希望の方のみ)

▲除菌材入りの超音波洗浄機での洗浄サービス

引き続き感染させない 感染しないを注意して営業を行ってまいります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Meganedo information

eyewear information 眼鏡好きの店主がメガネについて発信するサイト。 フレーム、レンズ、アクセサリー  メガネに関する色々をピックアップ

0コメント

  • 1000 / 1000